郵便局の取り戻し請求で手数料を負担するはめに

先日、eBayの落札者に商品を送ったのですが、色々と訳があって、郵便局に「取戻し請求」をしました。

今まで「取戻し請求」を経験したことが無かったので、手数料が発生したことにビックリしました。

スポンサードリンク

 

なぜ、取戻し請求をすることになったのかと言うと、1月15日に、ロシアの落札者へ航空便で商品を送っていました。

ロシアは荷物が届きにくいと言われているようですが、今まで特にトラブルがなかったので、航空便で送りました。

すると、2月の終わりごろに落札者からメールがあって、「商品が届かない!」との内容でした。

 

航空便は問い合わせ番号がありません。したがって、荷物を追跡することが出来ません。

発送から約1ヶ月半も経っていましたので、「行方不明になったかな?」と思いました。

これでは、落札者がかわいそうです。

 

その商品は新品であり、在庫を持っていましたので、再び商品を送るようにしました。

今度こそは確実に届いて欲しかったので、書留付きの航空便で送りました。

すると、荷物を送った次の日に落札者からメールがあって、「商品が届いたので、送らなくていいよ!」とのこと。

なので、郵便局に電話で「取戻し請求」をしてみました。

 

翌日、郵便局から電話があって、「荷物が戻りましたので、取りに来てください。取戻し請求手数料は550円です。」とのことでした。

「え!、手数料がかかると?」

送料の負担は想定内でしたが、取戻し手数料は想定外でした。

 

この商品の仕入れ値は1000円でしたので、550円を支払って、1000円の商品を取戻したことになります。

これがもし、550円以下の商品だったら、完全に赤字になっていました。

 

まだ「取戻し請求」を経験されていない方は、私の体験談が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

eBay輸出王道教材

  • eBay(イーベイ)パワーセラー大全集写真

    評価(5段階) ★★★★★

    家から一歩も外に出ずに、一日わずか2時間の作業で月収100万円を稼ぎ続けるeBay輸出ビジネスの王道教材です。

eBay輸出格安教材

  • 日米格差で儲ける!イーベイ(eBay)&ヤフオク超活用法

    評価(5段階) ★★★★☆

    ヤフオクからeBayへ転売するビジネスの、初心者向け格安教材です。

このページの先頭へ