結果が出た販売戦略

このページでは、私がeBayビジネスを始めた頃の、販売戦略についてのお話をさせていただきます。

スポンサードリンク

 

eBayを始めた頃は、ニューヨークに旅行に行ったおかげで、お金をあまり持っていませんでした。

 でも、お金が無かったので、稼がなくてはいけませんでした。

 

商品を仕入れると、その時点で、所持金がマイナスになります。

その仕入れた商品が売れて初めて、利益が出ます。

あたりまえですね。

 

商品を出品して、直ぐに売れたら良いのですが、 なかなか売れなかったり、なかには、売れない商品もあります。

 

 「商品の回転率を上げて、利益を出さなくては・・・。」と、考えるようになり、薄利多売をすることにしました。

  すると、忙しくはなりましたが、これが結構上手くいきました。

 

 中古CDをメインで販売していまして、「CDを1枚売って、50円でも利益が出ればいいや」なんてことを考えて、ギリギリのところで商売をしていました。

 

ますは、ブックオフなどの中古ショップで安いCDを、買い物カゴいっぱいにつめ込んで仕入れます。

 CDを、カゴいっぱいに詰め込んでレジに持っていくと、店員さんは、あわてる人が多かったです。笑

 

そして、家に帰って、写真を取りまくり、2~3時間ぶっ続けての大量出品です。

 1日に、100件以上の商品を出品したこともあります。

 もちろん、全てが売れるわけではなく、売れない商品や、利益が50円しか出ない商品が売れたりしました。

 でも、一度に大量に買ってくれる人がいたり、値段がつりあがる商品があったりと、利益が出てきました。

 

儲けが50円の商品を梱包するのは、さすがに面倒に感じましたが、トータルで考えると利益が出ていましたので、「ま、いっか」と考えるようにしました。

 

そのころのeBayでの出品数は、だいたい300点~400点くらいになり、1ヶ月に、約500個~600個くらいの商品を売っていたと記憶します。

おかげで、評価がどんどん増えていきました。

 

1日に、28人に向けて商品を発送したことがありますが、さすがに梱包にめげそうになりました。笑

 ビジネスは、結果が大事だと本に書いてありますので、どの販売戦略が正しいかはよく分かりませんが、所持金が無く、初心者の方は、薄利多売をしてみても、良いかもしれません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

eBay輸出王道教材

  • eBay(イーベイ)パワーセラー大全集写真

    評価(5段階) ★★★★★

    家から一歩も外に出ずに、一日わずか2時間の作業で月収100万円を稼ぎ続けるeBay輸出ビジネスの王道教材です。

eBay輸出格安教材

  • 日米格差で儲ける!イーベイ(eBay)&ヤフオク超活用法

    評価(5段階) ★★★★☆

    ヤフオクからeBayへ転売するビジネスの、初心者向け格安教材です。

このページの先頭へ