商品が破損していた場合の対応

私はeBayでプラスチックの製品をよく販売していますが、配送中に商品が壊れたことが何度かあります。

頑丈に梱包をしているつもりですが、約1500件に1件の割合でクレームを頂きます。

その場合の対処方法と、トラブル事例をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

 

EMSと書留で送った場合。

商品の壊れた部分を確認するために、なるべくメールで写真を送っていただきましょう。

EMSと書留は補償がありますので、郵便局に損賠賠償を請求できます。

まずは、受取人にお願いをして、現地の配送業者に「商品が壊れていた」という旨を報告していただきましょう。

これをダメージレポートと呼ぶようです。

そして、こちら側からも、日本の郵便局へ、「追跡調査」を依頼しましょう。

こうすることで、現地の郵便局と、日本の郵便局が連絡をとりあって、補償の有無を決定します。

 

Air mailとSALで送った場合

Air mail とSALは補償がありません。 したがって、商品を出品する際に、説明欄に、「Air mailとSALは補償がありません。」と
あらかじめ記載しときましょう。

そうすることで、クレームが少なくなります。

もし、クレームを頂いた場合には、私は再び商品を送ることにしています。赤字にはなりますが、そのリスクを覚悟したうえで、eBayで販売しています。

 

トラブル事例①

フランスへEMSで商品を送りました。

買い手から、「商品が割れている」とメールを頂きましたので、写真を送っていただきました。本当に見後に割れていました。

EMSは補償がありますので、買い手に、配達業者へ「商品が割れていた」むねを報告するようにお願いしました。

後日、買い手から「報告しました。」と返答を頂きました。 私からも日本の郵便局へ「追跡調査」を依頼しました。

郵便局からの返答には時間がかかります。 長い間、買い手を待たせるわけには行かないと思って、私は再び商品を送りました。

約1ヶ月後に日本の郵便局から連絡があり、「受取人が配達業者に連絡をしていないので、補償できない」とのことでした。

私は、買い手にメールを送りましたが返答がありません。

このクレームに時間を使いすぎるのはもったいないと思い、私は泣き寝入りすることにしました。

 

トラブル事例②

マレーシアへ航空便のSAL便 + 書留で商品を送りました。

買い手から「商品が割れている」とのメールを頂きましたので、私は下記の2点をお願いしました。

1.写真を送ってください。

2.配達業者へ報告をしてください。

このメールを送ってからは、なぜか連絡が途絶えてしまいました。おそらく、面倒だと思ったのでしょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

eBay輸出王道教材

  • eBay(イーベイ)パワーセラー大全集写真

    評価(5段階) ★★★★★

    家から一歩も外に出ずに、一日わずか2時間の作業で月収100万円を稼ぎ続けるeBay輸出ビジネスの王道教材です。

eBay輸出格安教材

  • 日米格差で儲ける!イーベイ(eBay)&ヤフオク超活用法

    評価(5段階) ★★★★☆

    ヤフオクからeBayへ転売するビジネスの、初心者向け格安教材です。

このページの先頭へ